1年に1度、自分のお気に入りの作品を買いに行く。
1年に1度、綾町の工芸のお祭り。
1年に1度、作り手に直接会える時間。

作り手
使い手
それぞれ
楽しめる
お祭り。

綾町は古くから、ものづくりの町として農業だけではなく、工芸家が工房を構えて綾の風土の中で、各々の作品づくりをしてきた町である。工芸といっても木材を使用したものや、陶器などの器や食器、藍染や草木染めで作られた着物や衣類、刀などの伝統工芸品は多種にわたる。

「こんなに多くの、またこんなに豊富な種類の工芸品が綾町で作られているんですか?」

と、綾工芸祭りに訪れた人からよく聞かれる感想である。
そんな、あやのものづくりを見て体感できる
「綾工芸祭り」
が今年も開催される。
11月23日木曜日から11月26日の日曜日まで。場所は綾町てるはドーム。
その一点モノを買い求めに、初日から大勢のお客様でごった返す賑わいは綾町を楽しむ風物詩。
この衣食住を見つめ直す機会として、綾町のものづくりへ来て見ませんか。そこには綾の人のぬくもりを感じら事が出来る時間が流れています。

100年後に綾町の魅力を伝えるために。