それがあるところは、結構強い匂いを放っていて嗅ぐ人によっては、嫌だと感じる人もいるかもしれませんが、実際に食べている方がほとんどではないかと思います。
それは、今が旬の銀杏です。皆様は、よく茶碗蒸しなどに入っていることでよく知っているのではないかと思います。好きな方は、塩でいったものを食べているかもしれません。皆様が食べている銀杏の形になるまでは、まず銀杏の実と種を水洗いなどで綺麗に外し、種だけになったものを天日干しにし約3日間ほど乾燥します。そうなったものを、袋詰めなどして販売しています。収穫はどのようにしているかというと、自然に木から落下したものを集めて収穫しています。なので、大きな大木から落ちてくる銀杏が頭に当たるというハプニングも、聞いたことがあります。まさに、天からの恵みといった感じです。毎年、自然からの旬を頂く。それに感謝して、頂く。何十年も何百年も続いてきた変わらない光景を、変わらず後世へ伝える。それには、綾町がやり続けている自然との共生、自然を壊さないという考え方は大事な事かもしれません。

100年後に綾町の魅力を伝えるために。