綾町玄米米粉を使用した、グルテンフリーカレーが発売されてから早くも1年と半年がたち、使用している原料の玄米の生産者様の、おかもとさんから
「お米が足りなくなりました。」
という、嬉しい言葉をいただきました。
以前は
「お米が余っているので、売り先を探している。毎年古米が残り困っている。販売しても、赤字になる。」
など、お米についてのネガティヴな言葉しか聞こえませんでした。
しかし、このままでは綾町の自然を壊さない農業をしている、生産者様が持続的な経済活動が出来なくなってしまい、農業そのももが残るかどうかも不安だと感じ、米の販売、もしくはそれを使用した商品開発をしようと動きました。おかげで栽培期間中、農薬や除草剤を使用しない、綾町産の玄米米粉を使用したグルテンフリーカレー粉が出来、それ以来そのお米が食べたいという人も増え続け、原材料の調達が困難な状況までうまれています。その結果、同様の栽培方法をしている綾町内のお米の需要も高まり、波及効果も見られるまでになりました。

地域の課題を、地域のビジネスで解決することで、持続的で継続的な地域のキッカケをつくっていきます。

100年後に綾町の魅力を伝えるために。