img_5616

みんな、生まれ育ったところがある。
その風景を少しでも、思い出したり、似たにおいで思い出す一瞬がある。そんな時、ちょっと自分の気持ちに幸せを感じるならば、遠くの農家さんの作ったものを食べることで、応援してみませんか。それは、農家さんにとってなによりも大きな応援になります。

毎年毎年、天候が昔より読めなくなってものづくりが、より一層難しくなってきたと現場の方々は、口を揃えて言います。それでも、毎日畑に向かい、土と向き合い会話をしながら我が子のように、大事に大事に育てています。
これからは、とても寒い時期になりますが野菜にとっては美味しくなる時期。農家さんにとっては、とても体にこたえる時期。でもその先の届く、様々な笑顔のために手に息を吹きかけながら作業を続けます。

今日の農家さんは、やまぐちさんです。
やまぐちさんは、自分のこどもが安心して食べられる、そんな野菜を作りたいと農家になりました。今では、そんな想いが野菜を通してみなさんへ伝わっているのではないだろうかと、錯覚するほどファンがいらっしゃいます。
農薬や除草剤を、一切使用しない徹底した作品作りは、一筋縄にはいかない難しさがあると言います。今年は天候の影響で、何度も人参の種を蒔きなおしました。種代もばかになりません。
それでも、作り続けます。
除草や防虫は、全て素手で行います。手が荒れて、1年中絆創膏が貼られている、その手はどこか親父の手を思い出させてくれます。

私達は、そんな一生懸命な農家さんの背中を少しでも、支えられたらと1歩を踏み出しました。

ふるさと納税の返礼品で農家さんの、汗と時間と苦労はなんらA品とかわらない訳あり商品を、みなさんが食べることで農家さんを支援しませんか。

https://m.facebook.com/aya100.jp/