商品のご紹介

宮崎県川南町のゲシュマック様は、現在3500頭~4000頭を畜産されている農家さんです。自社農場で生育しているオリジナルブランド豚「あじ豚」は、ビタミンEが豊富でさっぱりした風味、ジューシーでまろやか、ふっくらと柔らかく豚肉独特の臭みがないことが特徴。

そのブランド力の高さを証明したのが平成21年度天皇賞受賞という実績です。先代の畜産技術をより多くの地元の方へ知って頂きたいと、2代目が直売所兼加工場を約30年前に設立し加工品の商品開発などに力を入れてきました。

現在では、平日でも多くのお客様でにぎわう直売所はその味の高さを表しています。通常でであれば直売に徹した販売方法をとられてきたゲシュマック様が、ホンモノ通信へ特別に商品提供して下さることになり、県外の方へお届けすることが今回可能になりました!是非ブランド豚「あじ豚」をご賞味くださいませ!

ダイワファーム様は先代から引き継ぎ、酪農を続けていらっしゃいます。平成5年の生産調整の波を受け、独自の事業展開として加工品生産へ参入。生産から加工、販売までを一貫としたものづくりに徹底的にこだわっているのが特徴です。

現在は乳製品のヨーグルトやチーズ、アイスクリームを手掛け、その中でも様々なコンクールで賞を受賞しているチーズは地元でも知る人ぞ知る逸品。こだわりは、原料から製造・販売まですべて自社製品を使用していることです。
皆様に口にして頂くものだから、水にこだわり、安心と品質にこだわった身体に優しく美味しい乳製品を標榜し、真心込めて作られています。

理念として考え方を下記のように定めています。<ダイワファームの奇跡>
一、全ては健康な牛づくりから始まります。
一、素材にこだわり安心・安全な本物の乳製品を提供します。
一、農業に誇りを持ち自然への恵みに感謝します。

宮崎県野尻産100%ハーブを原材料とした、ハーブティーパック。

原材料を生産されている「野尻町ハーブ愛好会」は平成13年に発足され現在まで主にハーブの生産を中心に生産しています。除草剤や農薬を使用せずに栽培に取り組み、大量生産という軸ではなく安心安全を消費者の方へお届けしたい、という考えのもと現在のメンバー8人で活動を続けており、メンバーも畜産農家など空いている時間での栽培や加工業務を1つの「楽しみ」と語るのはリーダーの上原さん。

他、主力のメンバーの東峰さん、吉山さんが「私達の町は2010年3月に小林市に編入合併されました。しかし、野尻町で生まれ育った私達は野尻町という名前に愛着がありプライドもある。少しでも野尻というワードを残したいし知って頂きたいという思いがあり、そのための手段としてハーブティーを作り続けています。また、自分達がこのように生き生きと活動することでそれを見ている子供達が、地方にも魅力がありこの地で生きていきたいと思うように少しでも思ってくれたら幸い。」と語ってくれました。