aya100とは

100年後に伝えたい想い

100年後に伝えたい想い

林業が盛んだった綾町も、高度経済成長の影響を受け人口が激減。一時は、夜逃げの町と呼ばれるほど衰退してしまいました。当時の郷田町長は、人と地域が共生する持続可能な町を目指して、有能農業を推進、オーガニックの町として綾町ブランドを確立しました。その想いを引き継ぎ100年後に綾町の魅力を伝えるのがaya100です。

情報発信・販路開拓・商品開発

私たちは、デザインの力を活用して、農業の魅力を発信しています。普段は見られない農家さんの日常を映像や写真、タブロイド冊子等で発信しています。

映像は、地域ブランドに強い超一流のクリエイターが撮影、写真は、地元のカメラマンと一緒に年間で撮影いたしました。これらの活動は東京ミッドタウンの地域デザイン展で紹介されました。

そして、これらのツールを活かして、東京などに野菜の販路開拓を行っております。また、市場のニーズを分析し、新商品の開発などを行っております。

グルテンフリーカレーなどは、全国の飲食店などからお問い合わせをいただいております。

沿革

aya100は、「綾町の魅力を100年後に伝える」という想いからはじまりました。六本木ヒルズの飲食店に野菜を採用していただき、現在では、東京都の多くの飲食店で野菜を取り扱ってもらってます。想いから持続可能なモデルの実現へ私たちは、活動を続けます。