宮崎県綾町。

この町は有機農業発祥の町として、全国的に認知されている。しかし、その農業を支えてきてくださった農家の皆様は意外と知られていないことの方が多い。より綾町の事を深く知っていただくためには、作り手の想いやどのように作られているのかなどを、知ってほしいと客観的に感じる。その方がより近く、そしてそこが綾町にとってとても大事な魅力だと思うからだ。

綾町を知るという一つの手段として、ふるさと納税という制度を活用して綾町で作られたものを返礼品として受け取る仕組みがある。様々な企画があるが、その中でも「食べて農家さんを応援しよう」という企画があり、内容は次の通り。

綾町は自然を壊さない町づくり、農業を町をあげて取り組んできた。そのため、除草剤や農薬を使用しない栽培方法に取り組んできたが、栽培するとどうしても大きさやキズの問題で市場に優先的に出回らない訳あり商品がでてきてしまう。その割合は全体の約3割。味には支障はなく食べられる作品達ばかり。それを、ふるさと納税の返礼品としてセットにして食べて頂く。生産者様の栽培方法や想いも一緒に届け食べる事で、農家さんの収入も増え持続的な農業への支援も兼ねるという企画。

https://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/item_detail/45383/225575

「決してB品を売りたいのではない。B品がない世界を作りたい。そこに向かうためには現状B品があるのならしっかりとお金に変えて持続的な町を継続させていかなければならない。きれいごとだけではダメ。」

そう答えるのはこの企画の返礼品発送を行なっている、梶山さん。少しでも、多くの方へ宮崎県綾町を知って頂く。地方がなくなるという事は、次の世代のふるさとがなくなるという事。もっと、危機感を持って今の町はどうなのか?と考えていかなければ本当に自分達だけで終わってしまう。綾町の基幹産業は農業なので、そこを基本にして様々な発送を展開できればと思う。そのキッカケがふるさと納税でもいいと考えているという。しかし、ふるさと納税はあくまでキッカケ。そのキッカケを次の未来へしっかりと投資していく。

100年後に綾町の魅力を伝えるために。