宮崎県綾町。
ここは、「手づくり」という言葉に秘められた地域づくりが、今もなお色濃く文化として引き継がれている。それを感じられる町内の各地区の文化祭という、町民が作った物を持ち寄ってお客様へ披露するという一年に一度のイベントがある。毎年この時期の11月第3週、第4週の土日に振り分けて行われている。

お花、陶器、野菜や果物、加工品など各地区の町民が作ったものであり、その全てが手づくりである。ものづくりをする事で、生涯学習をし健康で元気でいられるようにという意味も含んでいる。そのため、イメージですが綾町の方々は年代問わず、健康で笑顔が絶えない人が多くいると感じる。
そして、どこの地区でも「おもてなし」として食事やお茶などが無料でふるまわれる。その食で伝えるその地区の伝統も一つの魅力である。時期的にお米も新米でとても風味豊かで、寒くなってきたこの頃に食す豚汁も体を、芯から温めてくれる。

そして、それを食しながらの地の方々との方言を交えた会話も、綾町の文化祭を楽しむ笑顔がうまれる時間。

綾町が自然を壊さないまちづくりをしてきた、基本的な「手づくり」という本質を引き継ぎ感じられる文化祭。
しっかりと次の世代へ
100年後に綾町の魅力を伝えるために。