宮崎県綾町も次第に寒さが厳しくなってきました。
そして、冬の野菜達がその寒さを感じながら、生き残ろうと土の中、木の上でそれぞれの自力を高めています。その自力が高くなった時が旬なのかもしれません。旬の野菜を食べると元気がでる様な感覚になるのは、その野菜達が持つパワーを私達人間が頂くからなのかもしれません。
自然の恵みを頂くという事は、いつも私達が食べるという事から1番近くで感じられる事です。

これからも次第に寒さを増す中、その野菜や果樹に寄り添いまるで自分の子供の様に収穫まで農家様は大事に手をかけて近くで見守り続けます。もちろん、日本全国の農家様も同じ1月、2月と手がかじかむ様な気温の中、手作業で収穫や水洗いなどをして出荷作業に追われる日々が始まりますが、ここ綾町でも同様です。そして、綾町は自然を壊さない農業に取り組んでいるため極力、農薬などの使用はしない様な栽培方法をされている農家様が多くいらっしゃいますので、除草作業や防虫作業を寒さの中も届く先の笑顔を考えて行っています。
旬の野菜に農家様の想いが加わる事で、本当の旬になるのかもしれません。

100年後に綾町の魅力を伝えるために