宮崎県綾町は、「あゆ」の町でもあるんです。
ユネスコエコパークや農業というキーワードの方が、全国的にも知られている綾町ですが、地図を見てみると綾町の町は北と南に流れている川に挟まれている地形になっており、水が近い生活圏です。そのため昔は川が氾濫し水害が発生するほどでした。
遠い昔でいうと、綾町の鮎は献上されていたということもあり、地元の人にはとても馴染みがあり、食卓には鮎がとれる時期には鮎を食べる事が多く現在でもあります。

そもそも一般的に、綺麗な川には鮎がいると言われますが、綾町の川は先人達が綾の森を守ってくださったおかげで、そこから流れ出す綺麗な湧水があるおかげで、綺麗な川になりそこに敏感な鮎のような生態系が生き続けられる環境が整っているのではないかと思います。

土を見る事で、水が見えたり
水を見る事で、土が見えたり

という自然は1つの丸として、つながっているイメージなので、どちらも、そしてその間を形成しているもの1つが欠けてはいけない事が、よくわかる。

先輩達が守られてきた、私達が当たり前に感じている事を、しっかりと残し伝える事は、今後も鮎や農業が継続していく小さなキッカケになるかもしれない。

100年後に綾町の魅力を伝えるために