稲の収穫時期が始まる時期を知っているかのように、ちょうど彼岸の時期に必ずと言っていいほど正確なタイミングで、静かに咲く存在感は真っ赤な色と比例して驚くほど強く感じるほどだ。
そして、彼岸花が咲く頃には毎年のように、朝晩の冷え込みが厳しくなりつつある時期でもある。それは、驚くほど自然の中で正確なもので私達人間に「秋」を知らせてくれる1つの印でもある。
昔の人はよく言ったものだ。
「暑さ寒さも彼岸まで」
まさに、その通り。

宮崎県綾町でも、冬の野菜を植え付けする風景が今年も見られる時期になり、年末年始に向けてまた忙しくなる時期に入り、冬野菜が美味しい時期をまたむかえるという、心の準備と期待をさせてくれる。
自然と共生するものづくりを、継続する綾町は作物と花、そして人の暮らしが1つの風景として今も残り続けています。

100年後にこの風景が残るように。

100年後に綾町の魅力を伝えるために。