先日、投稿させて頂いた香月ワインズの、発売初年度のワインの原材料の収穫に潜入させていただきました。

宮崎県綾町産の農薬も除草剤も一切使用しない、ブドウで作るワインは初!
収穫直前には、ブドウの状態が少し悪くなったと言われていましたが、それを見越しての収穫時期をこのタイミングにしたそうです。
私以外にも、約20名の方が夜中の12時から朝方6時ごろまで、収穫をしてブドウの選別作業をしました。
全てが初めての経験の方がほとんどでしたが、香月ワインズさんの初めてワインづくりの、原材料収穫ということもあり皆さんの真剣に行なっていました。収穫を行なっている最中は少し肌寒く長袖を着用されていた方がほとんどで、参加者の方は

「もう秋だ。」

などと口を揃えて言われていました。

香月さんはここまで、時間と投資を多く費やしてきました。本当に人生をかけた勝負だと言います。その瞳は未来を見続け、今もなお見たい未来を見ています。そこに集う人達はみんな言っています。

「香月さんのワインが飲みたい。」

それは、ただお酒を飲みたいという気持ちではなく、その裏にある支える応援するという感覚も存在しているのではないかと感じました。
綾町は自然を壊さない農業や、まちづくりをしてきました。香月さんのワインづくりも同じではないかと、みんなが応援しているのではないでしょうか。

飲み支える。

100年後に綾町の魅力を伝えるために。