残暑がまだまだ続きますが、宮崎県綾町の作物は季節の移り変わりを見せています。

サツマイモや、里芋が次第に町の直売所に並び出して、寂しかった彩りが少しずつ賑やかになってきています。暑さが続いていたり、雨量が多かったりと自然の営業を受けて、収穫量に影響する事もありますが、そんな状況でも生産者様は畑で汗を流しています。

だから新しい旬の顔が増えると、嬉しくなりますね。そして、旬の味を口いっぱいで味わう楽しみも、また格別ですね。

そんな、旬を味わう。
当たり前にある、普通の幸せがこれからも続いていくように。

100年後に綾町の魅力を伝えるために。