先日の台風5号の影響で、一時は収量が激減していた夏野菜達もこの一週間の十分な日照量のおかげで、また花を付け実をしっかりと付け始めました!
台風などの自然の影響で、収穫前の作物が葉や木に擦れたりして傷つき、傷ついた箇所から痛んでしまうので商品として出荷ができず収穫量が落ちていました。

作物の成長と共に収穫量だけではなく、生産者様の「笑顔」増えはじめました!畑で笑顔が増えると、町全体のパワーが上がっているような気持ちになり、色も鮮やかに鮮明に見えはじめます。
夏場は台風が来たり、暑さが続いたりと「ものづくり」をしている人達にとっては最悪な時期なのかもしれません。しかし、出来た作品達を口を開けて待っている人達がいるという、そう考えられる事こそが生産者様の最大のモチベーションになっていると、以前生産者様より伺った事があります。

私達の「美味しいが」次の生産者様の辛い時期の一歩に。
そんな、素敵な世界を作るために今日も畑の作物は、私達に何が大事かをその自身の生命力で証明してくれているのかもしれませんね。

100年後に綾町の魅力を伝えるために。