黒皮かぼちゃ。
手のひらサイズの凄い存在感。
今年も綾町産の、かぼちゃの時期が始まりました。
切った中身はとても眩しいぐらいの、オレンジ色がこの梅雨時期のジメッとした感じを一気に吹き飛ばしてくれる。
そして、食べた時のかぼちゃが持つ本来の甘さに、正直に反応してしまう。
これからの時期スープや天ぷら、煮物、その他様々な調理方法に最適な食材の1つ。

宮崎県東諸県郡綾町は、自然を壊さない農業に取り組んで来た。農薬や除草剤を使用しない栽培方法が、町内でも多くされている。同様の栽培方法で作られた、かぼちゃが1つでも多くの笑顔を食卓で演出出来ればいいと、生産者様は話す。

食べる事でしっかりとした、体調管理を維持していくように
「旬を食す」
という事は、自然なキーワードではないだろうか。

その時期に元気に収穫されたものは、それだけ自然の恵みを受けているのかもしれない。

今の綾町を食べてみませんか?

100年後に綾町の魅力を伝えるために。