雨が多いこの時期。
梅雨。

畑で生産者様を見かけることが、少なくなる時期。
そのかわり、様々な色のアジサイがこのジメッとした気候の中でも、気持ちだけでも和やかにしてくれる。

たまに見かけた生産者様に、声をかけると

「もぎって、食べなさい。」

と畑の隅に立っているビワの木を、目で指して私にどうぞと言ってくれている。ほら、早くしなさいと言わんばかりの目の合図で、急がせる。
それではと甘えさせて頂き、ビワをもぎ取理念その1つを皮をむき口へほおばる。

「自然になるんだよ、毎年。」

と生産者様が私に教えると同時に、自然に「ウマッ!」と言ってしまった。こんなに美味しいものが、自然に出来るなんてと半信半疑でまたもう1つ食べる。やっぱりうまい。うまいしか出てこない。

宮崎県東諸県郡綾町には、毎年自然の中で出来上がるうまい作品がアジサイと同じ時期にできます。

100年後に綾町の魅力を伝えるために。