皆さんは、その作物がどのように出来ていて、栽培され収穫されているのか理解して食べていますか?
まず、そのような食べ方をしている人は、ほんのひと握りの方だけではないかと推測します。なぜかというと、みなさんの手に届くまでにどこかでその情報は置き去りにされて、皆様へは届かない事がほとんどだと思います。これから、どのように時代が変化しトレサビリティーという問題へ対策がとられていくのかは、現段階では知る由もないのですが少なくても顧客視点からは、あったことに越したことはないと思います。

綾町産の野菜に関しては、栽培管理記録簿という栽培管理を記した用紙を生産者様が記入し、町の専門機関へ依頼しそれがしっかりと検査された上でランクづけがされ、様々な販売先へと納品されていきます。これがあることでしっかりとした、栽培管理の方法を管理出来、最終的に商品を購入される消費者の方への安心へもつながっています。
これらは希望するお客様が見ることも、手順を踏む事で出来ます。これは、意外とできるようで出来ない事で、綾町の今日のブランド定着へも1つの大きなそして重要な事であったと思います。

今後は綾町の歴史を作られてきた、先輩方のようにしっかりと、様々な壁が立ちはだかろうとしても乗り越えて来たように、今の旬のズッキーニのように上を見て、そしてまえに!

100年後に綾町の魅力を伝えるために。