見えないところで、皆さんの「食べる」が間接的に地域の宝を守っている事が、あるかもしれません。
少なくても、綾町産の玄米米粉を使用した「グルテンフリーカレー」はそうです。
安価に取引をされていたお米の価値を上げる事で、地域の田園風景が少ない面積でも残す事が出来ています。それは、そこで生まれ育った人達の地域の愛や、誇りにつながっていると信じています。ものすごく小さなところかもしれませんが、何かを残すということはその時には気がつかなくても、なくなった時にはじめて事の重大さを知ることが多い気がします。

綾町には、長きに渡って自然と共存し壊さない農業という、作物をつくるという事が毎年繰り返されて、今現在見にする事が出来るたくさんの自然があります。
多分、それらは簡単な事ではなかったかもしれません。
今、目の前にあると「当たり前」になりすぎて気づかないかもしれません。
もしかしたら、これは特別な事なのかもしれません。

そんな事を、商品を作る私達を始め、それを食べてくださる方々と共有する事が出来たらより価値の高い「食べる」につながるのかもしれません。

100年後に綾町の魅力を伝えるために。