日本人としてお米を食べるという事が、ただ単に消費するということではなく、その地域の田園風景を守りその先の文化を継承し、そこに生きている人たちの誇りにつながることだという事を、感じている人はどれぐらいいるだろうか。

現在、高齢者問題や後継者問題といった日本全国のどの地域でも言われている、共通課題。ここ綾町でも自然を壊さない農業に取り組んでいるため、農薬や除草剤を使用せずに米作りも行われている人達がいます。ただし、そのような栽培方法で収穫されたお米は多少の害虫被害や、形が悪いという事で今までの流通にのると二束三文での販売になり、作るだけ赤字という状況が続いていました。そのため、飼料米に転換し除草剤や農薬を使用し補助金をもらうという、田んぼを荒らさない楽な手段をとる農家の方々が増えました。私達は長いスパンで未来を想像した時に、その手段は自然を壊さない農業に取り組んでいる綾町にとって得策ではないと考え、同様の栽培方法で作られているお米を購入し販売するか、またはそれらを使用し新たな商品を作るかしかないと判断し、栽培期間中農薬や除草剤を使用しない綾町産玄米米粉を使用した「グルテンフリーカレー」を商品開発しました。
小麦粉を使用しないカレー粉という事で、アレルギーをお持ちの方や健康や美容に敏感な消費者の方々のニーズにお応えする商品として、月間での安定した商品販売につながり綾町産のお米が現在は足りない状況が発生しています。お米の消費が伸び悩む中、宮崎県綾町ではお米が足りないという嬉しい問題が発生しているので、この動きが継続的になるように今後も、地域のビジネスで地域の課題を解決していきます。

100年後に綾町の魅力を伝えるために。