昔から続いてきた、この風景を後世に残す手段として宮崎県綾町は「農業」が深く関わっている町だと感じる。
それは、地元の方々の「生きる」に直結していて、経済ということよりも、環境といったほうが適切なイメージが伝わるかと思う。
目的はあくまで環境を維持するということ。そのための手段が経済(農業)という順序がしっかり農業従事者の方にも浸透していると、お話をさせていただいてそう感じる。

口々に
「自然を壊さないように、農業をするように心がけている。」
栽培している作物や栽培方法で、個人差はあるかもしれないが、この町には約30年前に作られたルールがある。
「自然生態系農業」
まさに、自然を壊さない農業を推進する綾町のルール。例えば、除草剤を使用しない、栽培方法でのランク付けをするなど、手間をかけた分がしっかりと消費者に伝わるような、見える化を仕組みとしてつくって実践している。
現にそれがあるおかげで、消費者の方の商品選択肢の1つになっていたり、生産者の方々の栽培のモチベーションにつながっていたり、様々なところへの波及効果は少なからずあるのではないかと思う。

ただ、その結果この綾町が今のままの自然の姿を、少しでも後世に残すことが重要な事なのは間違いないのではないかと感じる。

100年後に綾町の魅力を伝えるために、旬を届ける。