前宮崎県知事の時代には、宣伝効果の影響で全国区になった宮崎県の特産品の数々をみなさまもご存知の事と思います。
その中でも、1番最初にあげられる特産品の1つ

「マンゴー」

イメージ先行で、嗜好品、高いと思われがちですが、高価な値段がつくのは糖度が一定以上ある作品達になります。もちろん、それらのマンゴーは味や見た目が大変素晴らしいものと高い評価であることは間違いないです。しかし、それらの割合は全体から見るとごく僅かであるため、他の作品は糖度が一定以上を下回っているので同等の取引評価はされていません。ただし、それ以外の作品達も大変素晴らしい味です。

宮崎県綾町でも何軒かのマンゴー農家さんが、いらっしゃいます。一年をかけ収穫するまでに様々な手間暇をかけて年に一度の収穫時期を迎えます。それが今の時期です。
しっかりと完熟するまで、木で熟成させてネットの中に落ちたものから出荷をしていくという徹底ぶりです。
マンゴー農家の皆さんが、我が子のように育てた綾町産のマンゴーを見かけた時には、この写真を思い出してください。

100年後に綾町の魅力を伝うるために。