こないだまで、北海道産のジャガイモが不作で大手の菓子が製造中止になったりしたニュースを目にする機会が多かったですが、綾町では元気なジャガイモがとれ始めています。まだとれ始めなのでこれからといった感じですが、こぶし大の大きさになったジャガイモを収穫されている生産者様もいらっしゃいます。

カレーやスープなどに最適な旬の食材として、1年中重宝される野菜ではないでしょうか?そのジャガイモの旬は今からです。昨日の投稿でも言いましたが、旬を食べる意味は「季節を味わい、自然の恵みを感じる」こと。そして食べて元気になる、笑顔になること。そういうキッカケになれば農家の皆さんも笑顔になると思います。
私達がそんな、想いの架け橋になり持続可能な農業の、少しでもキッカケづくりになれたらと考えています。

綾町の野菜や果樹が、皆さんの笑顔をつくるキッカケになれる事を願って。

100年後に綾町の魅力を伝えるために。