宮崎県綾町の特産品の1つの、日向夏。
例年は、7月ごろまで生産者の方が冷蔵庫に貯蔵しているものが販売されていますが、今年は収穫時の天候の影響で収量が少し少なくなったという事で、食べられる期間が短くなりそうです。
外側の黄色い皮を薄く桂剥きにし、中の白い皮と果肉を一緒に一口大乱切りにし食べるという変わった食べ方の果樹は、果肉の酸味と白い皮の甘味が口の中で絶妙なバランスでマッチングし、丁度良い食味を味わう事が出来ます。地元では砂糖をかけて食べたり、「日向夏の刺身」として醤油につけて食べる食べ方もあります。最近では、サラダの具材として使用される事も多くなり若い世代への浸透もされはじめています。

そんな、日向夏ですが先ほど申し上げたように、今年は種無しの日向夏はほとんど出荷が終わり、露地栽培の種あり品種もあと1ヶ月ほどの出荷期間になる予定だそうです。
すでに日向夏の生産者様は、来年の収穫へ向けて作業が始まっており、剪定、花粉採取、受粉作業というところまで現在進行系で行なっています。1年中様々な作業をし、お客様に食べて喜んで頂ける事が最大の幸せと、綾町の生産者様は言われます。
沢山の綾町の宝を、知って頂き届けたい。

100年後に綾町の魅力を伝えるために。