親子3世代に渡り綾町で農業に取り組まれてきた、まついさん。現在は農業を息子さんと取り組んでおり、息子さんは4代目になる。

有機JAS認定農家として、町の有機農業と共に成長そして生きてきたと語るまついさんは、町への食育や子供達への農業体験への力も率先して取り組んできた。
町の幼稚園、保育園とのサツマイモ掘り体験や、小学校のお米の栽培体験など次のよう世代が、自分の町へ誇りや愛を持てるように自分ができる事を出来る範囲で行なってきた。
その思いは様々な企業へ共感され、商品として形になってきた。

宮崎県で全国区になった商品の1つ「九州パンケーキ」の中にも、まついさんの発芽玄米が使用されている。利益とは別なところに存在している「地元への想い」。普段多くを語らない、まついさんだからこそ人参を収穫するその扱い方から、伝わる想い。

本当に好きだから、出来る。

それは、農業と綾町。

100年後まで綾町の魅力を伝えるために