「猫の手も借りたい」

とこの時期の綾町の果樹農家の方は、口を揃えて言うほど大変な収穫、出荷作業に追われています。
なぜかというと、綾町は「日向夏」という果樹生産地で、毎年2月から3月と黄色くたわわに実った日向夏を収穫する時期だからです。
ただし、この寒さの中での作業は体にはきつく、朝早くから夜遅くまでなので笑顔で話す言葉の裏には、多くのご苦労が隠れています。
そして、この収穫時期前に例年訪れる「寒気」が更に日向夏農家さんの頭を悩ませます。一年間様々な作業や困難を乗り越えやっと収穫時期だと思った1月から2月にかけて、綾町には寒気が来るのですがその温度が氷点下5度ほどの時間が3時間も続くと、中の果実が凍りその後溶けて収穫前に水分が飛び、果実が凍りスカスカになる「すあがり」という状態になってしまいます。そうなると、生鮮としては出荷ができず加工用としての出荷になり、価格が安く取引されるためそうなると農家さんの経営を圧迫するという事につながってしまいます。
去年はそうでした。
今年は、そうではないので農家さんの笑顔がたくさんあふれています。たくさんの「想い」と一緒に日向夏を食べて欲しいと、農家さんは心の底から願っています。今年は酸のキレが良いため、口に含んだ時の食味のバランスがいい出来栄えになっていると日向夏農家の のもと さんは言います。

この日向夏が毎年木に実る、青空と緑と日向夏の黄色の田園風景は、みなさんが食べる事で日向夏に関わる人や笑顔を残す事につながっています。

100年後の未来へ綾の魅力を伝えるために