麦わら帽子が、トレードマークの綾町の農家の、やまぐちさんは
「子供に安心安全なものを食べさせたい」
その一心で、脱サラを10年ほど前にして農業へ飛び込んだ、強い意志の持ち主の方です。その栽培方法は始めた当初から一貫しており、除草剤はもちろん、農薬は使用せずに栽培するので除草作業や防虫駆除の作業は全て手作業です。その苦労は大変な時間と手間がかかっておりますが、先ほどの意志に加え消費者の方の喜んで頂ける事を考えて、行なっています。
やまぐちさんは、ご自身で食べて美味しいものを作りたいというもう1つの軸があり、生色で食べられるものを数多く栽培されております。現在は、赤や紫、白色のカラフル大根の他に、人参を2種類以上作られております。サラダホーレン草やロメインレタスなどの葉物の栽培にも積極的に取り組まれています。
今の時期の冷たい水を使用したりするため、手荒れがひどく絆創膏を巻いているその手は、強くたくましく見えます。それでもお客様に喜んで欲しいと、寒さの中麦わら帽子は今日も畑にむかいます。

その後ろ姿や、想いを

100年後まで伝えるために