綾町では、自然を壊さない農業のやり方を長年にわたって続けてきました。しかし、農業従事者の高齢化や担い手不足などの問題が、この町にも存在しており特に除草剤や農薬を栽培期間中使用しない「米」農家さんたちは検査米に出して等級外という一番低いランク付けをされてしまい、次の栽培に必要なじゅうぶんな資金が確保できないという現実がそこにはありました。しかし田んぼを荒らさないためには何かを作らなくてはならないため、補助金をもらえるという大きな理由で飼料米を作付けし始める農家さんが増え始めました。ここ、綾町は「有機農業の町」として町内外へ認知をされてきました。ただし、飼料米が広い面積で栽培されるようになることで、以前よりも多少農薬散布をする面積が実際増えたことは間違いのない事実でした。それが悪いというのではなく、昔のままの素晴らしい田園風景を残したい、次の世代へ残したいと、どうしたらその問題点を少しでも改善できるだろうかとaya100プロジェクトは考えました。

自分たちは、農業をしているわけではないので米作りをするわけにもいきません。農地を購入する資金も、またそれらを維持する技術もないため不可能でした。ただし、1つだけできることがありました。それは「その米自体の価値をしっかりと分かってもらう」こと。そしてその先に「生産者と消費者が納得のいく販売価格での取引をする」ということでした。それが出来れば、綾町産のコメの消費があがり価格は上がると考えました。そのため、お米を「販売」するか欲しいと思う企業へ「マッチング」する潤滑油のようなすべきことが明確にみえ動きました。

その結果、宮崎市のラディッシュセブンさんが製造協力をしてくたいと申し出て下さり、商品化への動きが一気に加速しました。商品は、栽培期間中、除草剤、農薬を使用しないのであれば玄米で使用したいというラディッシュセブンの佐藤料理長の一声で玄米米粉を使用した「グルテンフリーカレー粉」が出来上がりました。

商品が出来て、ちょうど1年。今でも販売は好調で、その結果綾町の米生産者の岡元さんは米を生産される意欲が強くなってます。そして何よりお米が食べてもらえるという喜びを感じていらっしゃいます。今年は天候などの状況でじゅうぶんな収穫量がなく、もっと生産量を増やせばよかったと、逆にうれしい一言をいわれてますが生産現場は農薬や除草剤を使用しないので、除草作業がかなりのハードワークでこれ以上は岡元さんご夫婦では業務を拡大することは厳しく、ぜひそこの部分も含め私達が「食べることで農家さんを応援する」仕組みがこのカレーだけとっても、できればいいと考えます。今後は、カレーと同様に地域の問題点へしっかりとアクションしている、意味と価値のある商品づくりを目指していきます。

100年後へ綾町の魅力を伝えるために。