宮崎県綾町は、じつはキュウリの産地です。
ほとんどの方は「えっ!」と思う人ばかりではないかと思います。
そして、じつはその農家さんの生産努力は消費者の方には伝わっていない事が、ほとんどのなのではないかと感じていました。
なぜかというと、普通に栽培されている慣行栽培に比べて半分、もしくは4分の1程度の農薬散布で栽培されているんです。それは、綾町の自然を壊さない農業を実践するという「自然生態系農業」というルールの中で、できる限りのことをしながら更にどうしたらいいかを考え、消費者の方へ安心安全をお届けしたいという農家さんの「想い」が生産意欲を突き動かしています。その中でも、収穫から出荷まで1度しか商品に触らない「ワンタッチキュウリ」という、キュウリのトゲが取れていなく痛いほどに鮮度をおとさないためのブランドキュウリもあるほどです。(綾町のキュウリの一部のみ)。その他、キュウリ農家が集まり生産向上を勉強し話し合ったりする同士の集まりの「有研会」という団体も存在し、ものづくりのレベル維持、向上に努めています。
有機農業の町の、キュウリは他の生産地と比べより安心安全を考え、農家さん自身も生産向上努力を惜しまずものづくりに励んでいます。

自然を壊さない理念に基づいて。

100年後に綾町の魅力を伝えるために。