宮崎県綾町。
ここでは、自然を壊さない農業を50年間町をあげて取り組んできた。そしてそれは、今後も継続していく。今までと変わることなく町民一人一人が取り組んで。

ここ綾町は、専業農家だけではなく、兼業農家、一般家庭菜園の方々も含め町の条例がありその中のルールで「農業」に取り組んでいる、全国的に見ても珍しい取り組みだ。
その歴史は前々回の投稿の中でも触れているので、是非見ていただきたいと思いますが、今では普通になった安心安全なものづくりの認識は、綾町の中では一般家庭菜園の方々にも深く浸透している。

今日の農家さんは、えいふくさんです。
えいふくさんは、定年退職後にご自宅の敷地内で家庭菜園を始めた方ですが、そのものづくりの姿勢は俗に言うオーガニックや有機と言われているものとほぼ変わりないレベルで、作品を見れば美味しさが伝わってきそうな感じだ。
今の時期は、ほうれん草の栽培に取り組まれており、ハウス内で除草剤や農薬を一切使用しない栽培方法を実践されている。取材させていただいた際にも、種まきの時期を少しずつずらし病害虫の発生や収穫の手間や、リスクの分散を考え狭い農地の中でもご自身の考えを畑で実践している。
今回ご紹介した、えいふくさんは家庭菜園で自然を壊さない農業を実践している、綾町の農家さんです。
家庭菜園をされている方々にも、この様な町の理念が浸透している宮崎県綾町は先人の方々のご尽力と努力の積み重ねがあり、今があると口を揃えて言われます。しかし、その想いを現在も引き継ぐ専業、兼業、家庭菜園の農家さんが実践されているおかげでもあります。

そんな、素敵なものづくりを
100年先まで伝えたい。

100年後へ綾町の魅力を伝えるために。