56年ぶりの雪が降ったり、それが地球温暖化の影響とか様々なメディアの情報があふれていますが、そんな環境の中 黒大豆を生産されている綾町の87歳、現役農家のたてもとさんが今日の農家さんです。
たてもとさんは、現在も黒大豆をご自身で栽培されている農家さんですが、除草剤や農薬を栽培期間中使用しない栽培は本当に大変と思うのですが、たてもとさん曰く
「除草が大変ですよ。」
と、一言。
その、何十年も変わりない栽培方法は、近年めまぐるしく毎年変わる天候状況の中でも、しっかりと作品づくりが出来ている事に頭が下がる想いです。
何事も新しく変えていく事の、大変さも十分理解できますが、またその逆もしかりで 同じ事を継続する力強さは並大抵の努力では出来ない事も、十分理解出来ます。
皆様がふるさと納税の返礼品で、綾町の農家さんがA品と変わらないほど時間や汗、手間をかけた訳ありB品を食べる事で農家さんを応援してみませんか。

100年後まで綾町の魅力を伝えるために。