img_5745

綾町では、50年前に
自分の食べるものは自分で作ろう
という行政主導の運動がおき、住民へ野菜の種が行政より配布され、安心安全なものづくりが始まりました。
食が見直される、そんな時代が必ず来る、
と当時の町長が言ったそうです。
今でも、当時から自分達でものづくりをしている人が、この町にはたくさんいます。そして、ものづくりをしているから元気で、毎日笑顔で美味しいご飯が食べられる。と言う方もたくさんいます。
専業農家ではなく、兼業農家でもなく、遠くに離れているお孫さんの、お小遣いを稼ぐために野菜づくりをされている方もいらっしゃいます。
私たちは、そんな素敵な想いのこもった商品も扱います!

今日の農家さんは、うじはしさんです。
何と83歳!の元気な農家さんで、逆に元気をもらっています。

先ほど説明させて頂いたように、家庭菜園で自分の食べる分以外の野菜を町の直売所へ、一輪車に作品を載せ徒歩で納品まで来ます。
何十年も前から、この町が今のようになるまでずっと、ひたむきに町をおもい、家族をおもいものづくりに取り組んできました。

そんな農家さんの想いも、ふるさと納税の返礼品と一緒に皆様へお届けできたらと思っています。
皆さんが食べることで、農家さんはより元気にそして、また新たな一歩を踏み出す事ができます!

100年後まで綾町の魅力を伝える。