img_5528

ふるさとの親父は、元気にしてるだろうか?
毎回会うたびに大きかった親父のイメージとは逆に、小さく感じるのは自分が成長したからだろうか。
「ただいま」
と握るその手は、やはり大きくそしてあたたかい。
そして、先ほどの小さいイメージをかき消すほどの優しく包んでくれるそのゴツゴツした手で、畑に1人で立ち作っている親父の姿を想像したら、たまらなく会いたくなる。

今日の農家さんは、そんな親父の様な雰囲気のしおつきさんです。
高齢ですが現在でも、畑に向かい鍬をふるその姿は現代農業とはまたひと味違った、手作業での
「ふるさと農業」
とでも言った方が、しっくりくるような農家さんです。
除草剤や農薬は使用しない、栽培方法は時に喜びを、また時には農業の厳しさを教えられる。その厳しさは無情で、天候などの影響でキズモノや大きさの大小などの、訳ありの物などが出来てしまう。
汗や手間、想いや時間はA品となんら変わりないそれらを、ふるさと納税の返礼品として、皆さんが食べる事で農家さんを応援しませんか!