img_5536

今日の農家さんは、もりやまさんです
綾で日向夏、露地野菜を生産される親から引き継いだ二代目農家さんです。
今の時期は、サツマイモを栽培し収穫されています。綾町では自然生態系農業認定制度という自然を壊さないで作品を作ろうというルールがあります。そのため、除草剤は基本使用しません。作物によっては、更に農薬も極力使用せず栽培されていらっしゃる農家さんもいらっしゃいます。

もりやまさんの、サツマイモもその一つです。

もりやまさんも、綺麗なサツマイモを作る努力を精一杯して丹精込めて生産されていらっしゃいますが、長雨や日照りで高温が続いたりという状況が今年は発生した影響で、何割かはサイズやキズものの訳あり商品があります。

そして、森山さんは他の仕事をしながらの兼業農家という道を選択し現在も「農業」に真正面から真剣に向き合っています。
様々な、経営スタイルが農業という分野でも細分化され、時代とともに自分のスタイルで、確立されつつあります。
「これが正解という答えはありません。自分らしく生きるためにはという自問自答をし自分なりの答えを見つけていくことが、1番重要なこと」
だともりやまさんは、おっしゃられていました。

もりやまさんを含め宮崎県綾町の一生懸命な生産者様の想いや、味、流した汗の量は通常のものと何一つ変わりません。
ふるさと納税をし、その野菜を返礼品として食べる事で農家さんを支援しませんか?

私達は、100年後まで綾の魅力を伝える事に、出来ることから取り組みます。

100年後の笑顔を1つでもふやすために。

https://m.facebook.com/aya100.jp/