aya100とは?

aya100は、行政・民間・NPOが職業や立場を超えて

綾町の魅力を100年後に伝える

事を使命に活動する、有志のボランティア団体です。

現在は、主に地域資源を活かした持続可能なモデルを実現するために、「情報発信」「商品開発」「販路開拓」の支援を行っております。

宮崎県に加えて、首都圏、アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリア大陸への展開も予定しております。

aya100のはじまり

「知ってもらう事は大切」aya100は、この言葉を元に誕生しました。

2015年1月に宮崎県が主催する次世代経営リーダー育成塾に参加した梶山剛(現・aya100代表)は、当時講師だった齋藤潤一(現・aya100総合プロデューサー)の講義から、地域づくりにおける情報発信の重要性を学びました。

その後、幾多の挫折と困難を乗り越え、地域の高齢化と情報発信不足を解決し、「綾町の魅力を100年後に伝える」ためにaya100が誕生しました。

aya100の歩み

aya100は、イベントを通じて、首都圏の店舗へ、綾町産の野菜の販路開拓を行っております。
これを伴い、一次産業に携わる農業生産者の収益アップに貢献しております。

今後も継続的に活動を続け、全国各地、そして世界各国で綾町の野菜を食べて頂けるよう活動を続けております。

また、綾町を知ってもらうコミュニケーションツールとして、綾町の特産品の開発を農業生産者と行っております。

綾町への視察ツアーも行っており、「知ってもらう」「好きになってもらう」そして綾町に来てもらうサイクルが生まれております。

情報発信

宮崎県綾町の魅力を、Web・SNS・イベント活動を通じて全世界に向けて発信します。

販路開拓

都心部及び海外で綾町の生産物やサービスの販路開拓を行う事を通じて、生産者の収益向上に貢献します。

人材育成

地域資源を活かし、付加価値が高い商品・サービスを開発するためのセミナーや講演の事業を行っております。

 aya100 team

メンバー紹介

aya100は、有志のボランティアで運営されております。
梶山剛

梶山剛

代表

田村建登

田村建登

副代表/野菜コーディネーター

小崎将司

小崎将司

アドバイザー

岡田拓也

岡田拓也

PR

鏡晋吾

鏡晋吾

外部相談役

齋藤潤一

齋藤潤一

総合プロデューサー

有機農業の町に遊びに来ませんか?

宮崎県綾町は自治体としては全国で初めて「有機JAS登録認定機関」に登録された町です。

安全安心な食をたくさんの人に届けるために、本気で農業に取り組む人が、この町にはたくさんいます。「水、土、空気」人と自然と共生している町です。

私たちは、このふるさとを残したいと本気で思っています。

綾町の場所
  • 有機農業の町
  • 日本で最も美しい村連合の1つ
  • ユネスコエコパーク「照葉樹林都市」
見どころ
  • 採れたての有機野菜が食べられる
  • 生産者さんに逢える
  • 森林セラピー基地でストレス解消
交通・アクセス
  • 宮崎県の中西部にあります
  • 宮崎空港から車で1時間以内
  • 自然溢れる豊かな町です
受賞
    • 日本の名水百選(1985年):綾川湧水群
    • 日本一星の見える町(1995年)
    • ふるさとづくり大賞(内閣総理大臣・1991年)
Message

綾町を知ってもらい/綾町を好きになってもらい/綾町に来てもらう。そして、いつの日か、綾町があなたの、第2のふるさとにと思っていただければ嬉しいです。

img_5962

【宮崎県綾町の100年農業】

| ふるさと納税 | No Comments

美味しい野菜の裏には農家さんが、消費者の方の笑顔を見たい想い…

親子三世代で、農業の想いを引き継いでいる

| ふるさと納税 | No Comments

宮崎県綾町は農業に関わらず、親子三世代で住める町と町長自ら、…

img_5959

【宮崎県綾町の移住者の挑戦】

| ふるさと納税 | No Comments

宮崎県綾町には、他の土地からここの地の魅力に惹かれて、移住し…

img_5879

【宮崎県綾町の農業を、食べて100年後まで伝える】

| ふるさと納税 | No Comments

綾町は町をあげて、自然を壊さない「自然生態系農業」に約50年…